• SMBC
  • SMBCグループ

新入社員・通年採用研修
新入社員を早期に戦力化させる必須の実践プログラム

新入社員・通年採用研修【全4日間】

~プロのビジネスパーソンになるためのマインド・知識・スキルを習得し、
                            社会人としての第1歩を踏み出す~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 ビジネスマナーと仕事のすすめ方
講師: 戸松 晃子 氏
2022年10月04日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第2講 社会人基礎力養成講座
講師: 本田 賢広 氏
2022年10月05日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第3講 コミュニケーション力を高める「伝え方・聴き方」実践トレーニング
講師: 結咲 ふみの 氏
2022年10月06日(木) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第4講 ビジネス文書・eメールの書き方とマナー
講師: 鈴木 真理子 氏
2022年10月07日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※【全4日間】受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2022年10月04日(火) 昼食はご用意いたしません
2022年10月05日(水) 昼食はご用意いたしません
2022年10月06日(木) 昼食はご用意いたしません
2022年10月07日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

通年採用の新入社員

講師

ウェリナレイ株式会社  代表取締役  戸松 晃子 氏
戸松 晃子 氏

略歴:大学卒業後、Hondaのショールームでホンダレディとして勤務。その後、約20年に渡り、全国Hondaの新入社員からマネジメント層までを対象とした研修を担当し、受講人数35,000人以上、1,500講座で人財育成に携わる。講師養成にも従事し、受講生の心と行動を変える講師を数多く輩出。
現在は、「印象力」×「表現力」×「存在力」で、人を動かす影響力を磨き、結果の出る講座を提供している。活躍する女性リーダー、接遇エキスパート、女性思考戦略、美しさに逞しさを兼ね備えたエレガントレディ向けの講座等がある。単なるスキルや知識を伝えるだけではなく、自ら気づき、考え、行動に移し、継続して進化できる高い志を引き出す講座は、各企業で高い評価を得ている。

株式会社セブンフォールド・ブリス  代表取締役  本田 賢広 氏
本田 賢広 氏

略歴: 対人恐怖症を克服し、プルデンシャル生命ほか外資系生保2社で全国2位、プレイングマネジャーとしても部下を最下位から1位に育てた。銀座コーチングスクール新宿校運営では受講者による紹介が多く受講者数3年連続1位とした。エグゼクティブコーチとして2,500時間以上、研修講師として1,500回以上、主に大企業の最高売上達成や人財育成力向上等に貢献。「豊富なビジネス経験と理論による裏付けが分かり易い」「小手先ではなく原理原則、心のあり方、行動力まで得られる」等評価をいただいている。「人は誰しも価値があり、使命がある」が信条。MBA、国際コーチング連盟マスター認定コーチ。

著書:「実践!1on1ミーティング」(日本経済新聞出版)「素直さと向上心で求められる人財になる」 (SMBCコンサルティング実務シリーズ)、「タイムマネジメントの基本と実践コース講座」(PHP)他

合同会社FMC’sパートナーズ   CEO 
結咲 ふみの 氏
結咲 ふみの 氏

略歴:総合音楽学校ヴォーカルパフォーマンス学科卒業。上場企業の人事部にて教育・研修に携わり、新人から中堅社員、マネージャー及び役員の研修を手掛ける他、全社の教育体系の構築に携わる。その後フリーランスとなり、声と表現に関わる仕事をメインとする。日本CFO協会主任講師(プレゼンスキル担当)として監査法人や会計士、企業の経理財務部門などの人材を中心に研修業務に携わる他、様々な企業・団体にて幅広く講演や研修を実施。イギリスに留学、コミュニケーションスキルをVivien Heilbron氏に師事、またニューヨークの音楽学校にてボイストレーニングを学ぶ。現在は各種企業・団体での研修やコンサルティングの他、様々なエンターテインメント事業に携わっている。

株式会社 ヴィタミンM  代表取締役  鈴木 真理子 氏
鈴木 真理子 氏

略歴: 共立女子大学卒業後、三井海上火災保険株式会社(現三井住友海上)に入社。損害サポート部、人事部人材開発室などの勤務を経て退職。2006年株式会社ヴィタミンMを設立。現在、企業研修や公開セミナーにおいてビジネスパーソン3万人以上に指導を行う。「ミスなく速く仕事をし、心も体も元気でいる!」をモットーに、楽しく・飽きさせず・ためになるプログラムを開発し、好評を得ている。講師業のほか、新聞や雑誌をはじめメディアの取材、原稿執筆まで幅広く活動中。オールアバウト「ビジネス文書」ガイド、日経ウーマンオンラインでは連載コラムを担当し、「すずまり姉さん」として登場した。

著書: 『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』『「段取りが良い人」と「段取りが悪い人」の習慣』(明日香出版社)など多数。


概要(狙い)

 ダイバーシティや働き方改革の推進、AIの普及など、企業を取り巻く環境は大きく変化しており、企業もそこで働くビジネスパーソンもこうした変化への対応が求められております。このような中で周りから信頼され、常に成果をだせるプロのビジネスパーソンになるためには、しっかりとしたビジネスマインドを持ち、仕事に正しく向き合い、ビジネスマナーもコミュニケーションも基本を疎かにせず、当たり前にできなければなりません。
 本セミナーでは、プロのビジネスパーソンとしての第一歩を確実に踏み出すために、ビジネスの基本である「マナーと仕事の進め方」「社会人基礎力」「コミュニケーション」「ビジネス文書とeメール」について、基本を徹底的に習得していただきます。これからのビジネスパーソンとしての基礎を築く必須のプログラムです。

効果 到達目標

【第1講】
◎プロのビジネスパーソンに求められる意識と行動が身につく
◎基本から応用まで、ワンランク上のビジネスマナーが習得できる

【第2講】
◎3つのビジネス基礎力「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を習得できる
◎上司や先輩だけでなく、お客様や取引先からも信頼されるプロ意識と仕事の進め方が身につく

【第3講】
◎言いたいことをわかりやすく簡潔に伝えるスキルが身につく
◎コミュニケーション力が高まり、仕事がやりやすく、人間関係も良好になる

【第4講】
◎論理的でわかりやすいビジネス文書・eメールを書けるようになる
◎eメールの書き方と心得を理解することで、ミスなく早く書く技術が身につく

プログラム

【第1講】2022年10月4日(火)
「ビジネスマナーと仕事のすすめ方」

1.第一印象の重要性
 1)あなたの第一印象が相手を変える
 2)多くの人を惹きつける3つの要素

2.誰からも好感を持たれる表情と姿勢
 1)「笑顔」の効果とは
 2)「笑顔」の表現方法
 3)表情豊かになる!「表情エクササイズ」
 4)全ては正しい姿勢から始まる! 現状チェックと調整
 5)毎日できる姿勢改善エクササイズ

3.シンプル&クオリティの着こなし術
 1)身だしなみの最大のポイント
 2)スーツの着こなし術と髪型
 3)清潔感、清涼感を出すクールビズの着こなし術
 4)マナーをふまえて温かく装うウォームビズの着こなし術

4.ビジネス会話は社会人の必要条件
 1)話し方の基本とは
 2)敬語の使いわけ
 3)敬語いろいろ
 4)社内と社外の使い分け
 5)聴き上手になろう

5.ビジネス応対、これができなきゃ失格です
 1)ワンランク上の電話応対
 2)来客応対の基本
 3)案内の手順と席次
 4)名刺の受け方・ 渡し方

6.仕事は「進め方」が何より大切
 1)仕事の結果はダンドリで決まる
 2)指示・ 命令の受け方
 3)報告・ 連絡・ 相談(ホウレンソウ)

まとめ・質疑応答


【第2講】2022年10月5日(水)
「社会人基礎力養成講座」

1.プロフェッショナルなビジネスパーソンとは
 1)あなたが経営者なら、どんな人を雇う?
 2)あなたはどんなビジネスパーソンになりたい?

2.実務スキルの前に3つの社会人基礎力を身につける!
 1)「人生100年時代」に求められる社会人基礎力とは

3.前に踏み出す力(アクション)
 1)期待される、主体性のある人財
 2)依存型/自律型人材の悪/好循環
 3)どんな人ならやってあげたい? ~働きかけ力~
 4)働きかけ力とは、他人に働きかけ巻き込む力
 5)実行力とは、目的を設定して、確実に行動する力
 6)実行できない壁は?

4.考え抜く力(シンキング)
 1)ゼロベース思考で考える
 2)課題を発見し、根本解決するステップ
 3)計画力とは、課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
 4)重要度と緊急度のマトリクスを使いこなす
 5)創造力とは、新しい価値を生み出す力
 6)若手ならではのフレッシュな視点を大事にしよう!

5.チームで働く力(チームワーク)
 1)発信力とは、自分の意見をわかりやすく伝える力
 2)PREP法で貫通力を持って伝える
 3)傾聴力とは、相手の意見を丁寧に聴く力
 4)深い信頼関係を築く5つの傾聴スキル
 5)柔軟性とは、意見の違いや立場の違いを理解する力
 6)相手を評価せず、存在そのものとして認める
 7)情況把握力とは、自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
 8)全員が情況把握力を発揮できたら、どんなことが起きそうか?
 9)規律性とは、社会のルールや人との約束を守る力
 10)なぜ、ルールやマナーが必要なのか?
 11)ストレスコントロール力とは、ストレスの発生源に対応する力
 12)ストレス解消法は? ~リラックス法 や リフレッシュ法~

6.明日からの具体的な行動目標をコミットメントする
 1)あなたのビジネス基礎力の全体像
 2)あなたは何を意識し、どんな社会人になりたいか?


【第3講】2022年10月6日(木)
「コミュニケーション力を高める「伝え方・聴き方」実践トレーニング」

1.はじめに
 1)コミュニケーションとは何か
 2)良いコミュニケーションを取る大事なポイント
 3)円滑なコミュニケーションとは

2.きちんと伝えられるスキル
 1)言いたいことを明確に伝えるには
 2)一発でわかるロジカルシンキング
  ・ロジカルとは小難しい話をすることではない
  ・なぜロジカルでなければいけないのか
  ・感覚的なことを伝えるために
 3)話の次元をしっかり把握する具体化と抽象化

3.誤解なく伝えるスキル
 1)意思伝達の順序
 2)言葉を明確に伝えるボイストレーニング
 3)声のしくみと発声・滑舌
  ・トレーニング方法とすぐにできるコツ
  ・発声でどれだけ印象が変わるのか
  ・相手の発声から汲み取れる心理

4.相手の気持ちを汲むスキル
 1)相手が本当に言いたいことを引き出す質問力
 2)相手を理解するってどういうこと?
 3)要約力で信頼度が上がる
  ・相槌だけでは心は開けない
  ・相手の言葉を要約するコツ

5.なぜコミュニケーションに悩むのか
 1)苦手な人との付き合い方
 2)ジェネレーションギャップは埋まらない?!
 3)個人主義はどこまで通用するか

6.信用力の作り方
 1)相手の要望と現実に矛盾がある時
 2)相手の判断を信用する
 3)長期・短期の両方で信用を築く
  ・何を言うかより誰が言うか


【第4講】2022年10月7日(金)
「ビジネス文書・eメールの書き方とマナー」

1.わかりやすい文書なら誰でも書ける
 1)ビジネス文書と私文書の違い
 2)あなたの文書が会社を代表する
 3)書く前にトコトン考えよう
 4)読み手の満足度を高める作戦
 5)研修参加報告書の書き方
 6)書き終えたら上司になったつもりで見直す

2.伝わる文章にするテクニック
 1)タイトルだけで伝わるようにする
 2)ワンセンテンス・ワンメッセージ
 3)あいまいで文学的表現は、こう書き換える
 4)話し言葉をそのまま書かない
 5)符号は正しく効果的に使う
 6)読み手が理解できる言葉を使う

3.ビジネス文書の基礎知識
 1)ビジネス文書の種類と違い
 2)敬称、尊称と卑称を正しく使う
 3)項目番号と文体を使い分ける
 4)社内文書 ~これだけはおさえたい形式とポイント~
 5)社外文書 ~これだけはおさえたい形式とポイント~     

4.ビジネスメールの基本
 1)メールの基礎知識
 2)タイトルにズバリ結論を入れる
 3)すぐに書ける!要件の伝え方
 4)署名は必要な情報を短く載せる
 5)社内メールの文例
 6)社外メールの文例

5.デキる人と思わせるメールの書き方・送り方
 1)小職や小生は正しい?おすすめの自称
 2)マジックフレーズとクッション言葉を入れる
 3)「お願い」するときのコツ
 4)上手に断る方法
 5)最後の一文でよい印象を残す
 6)気がきく人の言葉選びとフレーズ集
 7)業績とお客様満足度を上げる文例 
  ●事例研究「メールで修正のお願いをしてみよう」

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 99,000 90,000 9,000
SMBC経営懇話会会員 110,880 100,800 10,080
会員以外のお客様 126,720 115,200 11,520

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから