• SMBC
  • SMBCグループ

【新企画】相談担当者になったけれど、実際に相談されたらどうしたらいい?

ハラスメント相談窓口対応の基本と実務

相談窓口担当者としてやるべきこと、留意点をグループワークを通じて実践的に学びます。

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2024年06月10日(月) 10:00~ 17:00

中之島セントラルタワー17階(弊社ホール)
大阪市北区中之島2-2-7

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2024年06月10日(月) 昼食はご用意いたしません

対象者

相談窓口担当者、人事担当者

講師

株式会社 ソフィアステージ 代表取締役 福西 綾美 氏
福西 綾美 氏

主な得意分野:組織風土改善、人事労務管理、グローバル人材育成、採用コンサルティング、メンタルヘルス対策
略歴:製薬会社で人事労務全般に従事した後、平成18年に社会保険労務士事務所を開設。平成27年(株)ソフィアステージを設立。組織風土改善コンサルティングに伴う社内制度の構築と研修事業を行い、事業展開。社会保険労務士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、文書情報マネージャー。
著書・寄稿:「給与計算の実務」「介護スタッフ手帳」「医療スタッフ手帳」「ストレスチェックQ&A」「マイナンバーQ&A」「ES経営のための人事制度設計」


概要(狙い)

職場のハラスメント対策は企業にとって重要な経営課題であり、相談窓口が機能することは必要不可欠です。
本セミナーでは、相談担当者が相談者の話をどう聴けばよいか、どう対応するのかを具体的に学び、ハラスメント防止の措置義務などの知識だけではなく、ヒアリングの技術や基本的な役割など担当者として知っておくべき基本的な内容を学ぶことができます。
また、ロールプレイングや事例検討を通じて、実務に直結した実践力を身につけることができます。
初めて相談担当者になった方、実務経験はあるけれど、さらに深く対応の基本を学びたい方の積極的な参加をお待ちしています。

※2024年度は本開催のみ。
 ぜひご参加ください!

効果 到達目標

・相談担当者としての具体的な役割がわかる
・ヒアリングの基本が理解できる
・ワークを体験することで相談対応力が向上する

プログラム

1.企業のハラスメント防止措置義務と相談窓口の役割
 1)措置義務の概要と対応の基本
 2)労務管理とハラスメント対策
 3)相談窓口担当者の役割

2.職場で起こり得るハラスメントとは
 1)ハラスメントとなる具体的言動
 2)グレーゾーンの考え方【個人ワーク】
 3)ハラスメント行為者の特徴

3.ハラスメント相談を聴く準備の行い方
 1)ヒアリングの場づくり
 2)対応手順の確認【チェックリスト】
 3)ヒアリングシートの活用
 4)傾聴のポイント
 5)ブロッキングを回避するために
 6)セカンドハラスメントに要注意

4.セクシュアルハラスメント相談対応【演習】
 1)微妙な関係【事例検討】
 2)台本に基づくロールプレイング【グループワーク】
 3)相談窓口の初期対応

5.パワーハラスメント相談対応【演習】
 1)ひどい言動の上司【事例検討】
 2)フリーのロールプレイング【グループワーク】
 3)業務指導とパワーハラスメントの違い

6.ハラスメントを防止するためには
 1)社内体制の整備
 2)行為者への指導方法
 3)組織風土の改善計画と実行

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 30,800 28,000 2,800
SMBC経営懇話会会員 35,200 32,000 3,200
会員以外のお客様 40,700 37,000 3,700

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから