• SMBC
  • SMBCグループ

新任役員・次世代経営幹部のためのエグゼクティブ・プログラム

新任取締役・執行役員セミナー【3日間コースB】

勝ち残りをかけたリーダーの役割とマネジメント
各講 選択受講可

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 新任取締役・執行役員セミナー【1日コース-A】
「取締役の役割と重点実務」

講師: 才木 正之 氏
2024年07月29日(月) 10:00~ 17:00

中之島セントラルタワー17階(弊社ホール)
大阪市北区中之島2-2-7

第2講 新任取締役・執行役員セミナー【1日コース-D】
「経営の意思決定と会計知識」

講師: 金子 智朗 氏
2024年08月01日(木) 10:00~ 17:00

中之島セントラルタワー17階(弊社ホール)
大阪市北区中之島2-2-7

第3講 新任取締役・執行役員セミナー【1日コース-E】
「取締役の責任とコンプライアンス・法律知識」

講師: 山口 利昭 氏
2024年08月02日(金) 10:00~ 17:00

中之島セントラルタワー17階(弊社ホール)
大阪市北区中之島2-2-7

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします
※全講受講の場合、割引適用価格となります
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申し込みください)

昼食

2024年07月29日(月) 昼食はご用意いたしません
2024年08月01日(木) 昼食はご用意いたしません
2024年08月02日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

取締役・執行役員(特に新任の方におすすめします)・次世代経営幹部候補者

講師

御堂筋税理士法人 代表社員 株式会社組織デザイン研究所 代表取締役 才木 正之 氏
才木 正之 氏

主な得意分野:中期経営計画、経営戦略、財務会計全般、組織変革
略歴:大阪府立大学経済学部卒業、平成6年税理士小笠原士郎事務所入所(現御堂筋税理士法人)。財務管理を背景に、経営計画の策定と実行推進、企業変革や会議のコーディネート、後継者・管理者の育成を中心にコンサルティング、社外役員、セミナーなどで幅広く活動。銀行・商工会議所などでの講演が多い。
著書:「2020年の会計事務所の経営戦略」(2019年中央経済社:共著)

ブライトワイズコンサルティング合同会社  代表社員 
公認会計士・税理士  金子 智朗 氏
金子 智朗 氏

略歴:1965年生まれ。東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科修士課程卒業。日本航空株式会社において情報システムの企画・開発に携わる間に公認会計士試験に合格。プライスウォーターハウスコンサルタント株式会社を経て、2000年に独立。現在、ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員。実務経験に基づく会計とITの専門性を活かし、会計全般、業務プロセス、内部統制、ITに関するコンサルティングを幅広く行うとともに、企業研修や講演も多数行っている。名古屋商科大学大学院ビジネススクール教授も務める。
著書:「ケースで学ぶ管理会計」「合理性を超えた先にイノベーションは生まれる」「経営分析の超入門講座」「管理会計の基本がすべてわかる本」「MBA財務会計」他多数。

山口利昭法律事務所 代表弁護士 山口 利昭 氏
山口 利昭 氏

略歴:大阪大学法学部卒。平成19年~22年まで同志社大学法科大学院講師として会社法演習担当。ニッセンホールディングス(株)では社外取締役とともに、取締役会議長を務める(平成28年11月退任)。大東建託(株)社外取締役現任。財務省再生プロジェクト推進会議有識者委員。日本コーポレートガバナンス・ネットワーク理事。
著書:不正リスク管理・有事対応-経営戦略に活かすリスクマネジメント(有斐閣2014年)ほか


概要(狙い)

【第1講】「取締役の役割と重点実務」/講師:才木 正之 氏
経営環境の構造変化の中、社長を補佐し全社業績を担う取締役の重要度が増しています。
取締役には、自部門業績の達成は勿論の事、中長期・全社的な視野で自社の方向性を考え、
将来に向けて経営改革を推進する責務があります。取締役の皆さまは部長層とは異なり、
経営戦略を積極的に社長に進言し、実行する姿勢と能力が不可欠です。
本セミナーでは、取締役に求められている役割を事例を用いて具体的にわかり易く解説いたします。
複数の取締役がご参加いただくと、問題意識と活用手法が自社内で統一できるのでより効果的です。

【第2講】「経営の意思決定と会計知識」/講師:金子 智朗 氏
役員になると「利益が出ていない商品・サービスをどうすべきか」 「ある事業の投資にどれだけの効果が見込めるか」など経営や事業の意思決定をする機会が増えてきます。意思決定のためには定量的な分析が必要不可欠で、その分析を使って判断を行うための会計が「管理会計」です。この管理会計を正しく身につけていないと「マネジメント」において大きな意思決定の過ちを犯すことにもなりかねません。
本セミナーでは、役員の方を対象に会計の種類とその目的、財務諸表の見方・読み方の基本を踏まえた上で、意思決定を行うための管理会計の役立て方を豊富な事例と演習などを通じて解説します。

【第3講】「取締役の責任とコンプライアンス・法律知識」/講師:山口 利昭 氏
今なお、毎日のように新聞紙上やメディアでは企業不祥事・不正や製品事故の報道が続いております。さらに相次ぐ規律強化の法制化を受け、取締役の役割や責任は従前とは比較できないほどに重く強化されております。今まさに、取締役は、何か起きた時に、知らなかったでは済まされません。
本セミナーでは、法律知識のない方、新任者の方にも理解できるように、法律の基礎から実務における重要ポイントまで、最近の経営環境や経営問題を踏まえながらわかりやすく解説します。

効果 到達目標

【第1講】「取締役の役割と重点実務」/講師:才木 正之 氏
◎中長期・全社的な視野で経営戦略を考えられるようになる
◎中期経営計画の策定方法と自部門の改革課題が理解できる
◎自部門の業績達成力、部下指導・育成力が強化できる

【第2講】「経営の意思決定と会計知識」/講師:金子 智朗 氏
◎管理会計の重要性と経営方針に使用すべき財務指標が理解できる
◎意思決定のために管理会計をどう役立てるかが理解できる

【第3講】「取締役の責任とコンプライアンス・法律知識」/講師:山口 利昭 氏
◎会社法等が求める取締役の義務と責任の本質を理解できる
◎昨今重要なESG経営やリスクを把握し、コンプライアンスを推進できる

参加者の声

【第1講】「取締役の役割と重点実務」/講師:才木 正之 氏
●役員としての役割がイメージでき、やるべきことが整理できた
●自分ができていないことが明確にわかった。その上で修正すべきところも理解できた
●聞くだけでなく、ワークがあったので考えを整理しながら聞くことができて良かった
●聞き取りやすく具体的な説明であった
●役員としてやるべきことの具体的な手順や進め方が理解できた

【第2講】「経営の意思決定と会計知識」/講師:金子 智朗 氏
●実例も交えてとても具体的であった
●基本になる考えが学べ、今後役立ちそうととても感じた
●非常にわかりやすかった
●ゆっくりわかりやすい話し方で頭にすーっと入ってきた
●財務会計と管理会計の違いがわかった

【第3講】「取締役の責任とコンプライアンス・法律知識」/講師:山口 利昭 氏
●どのような行為が不適切なのかが理解でき、社内規則等の改訂に役立てられる
●具体的な事例を挙げての説明だったのでわかりやすかった。話も聞き取りやすかった
●話し方が上手で、役員側の立場にたっての説明であった
●業務執行とは異なる法的責任について考えるのに役立った。日々のニュースを他人事ではなく、自社や自分に置き換えて考えるようにしたい
●本で読んでもなかなか理解できないことを、講師の経験を踏まえて熱心に説明してもらえたので、理解がしやすかった

プログラム

【第1講】取締役の役割と重点実務/講師:才木 正之 氏
1 トップが求める取締役の役割とは
 1.経営は経営者だけの仕事ではない! 役員チーム推進する!
 2.学習組織を作り、成長し続ける組織を創造する
 3.取締役に必要なスキルと習慣力とは

2 外部環境と国策を理解し、チャンスを見出す
 1.国策と外部環境変化の接点を確認する
 2.SDGsを理解して長期戦略の検討材料とする
 3.デジタル化の波に乗って自社の強みを活かす

3 自社の強みを活かす戦略立案を考える
 1.中期的な課題は、マーケティング・イノベーション・生産性向上・人材育成の4つである
 2.マーケティングとイノベーションは幹部全員で毎月協議する
 3.戦略チェックは、「論語と算盤」の思考で行う

4 戦略を実行管理する仕組みを構築する
 1.月次の4サイクルチェックシステムで実行管理
 2.毎月初の上司と部下の個人面談は不可欠である
 3.年間スケジュールを決めておくと経営の生産性が上がる

5 メンバーが育つ効果的な会議の進め方
 1.好業績と幹部は会議で創る! 効果的な会議の進め方[必見]
 2.会議の巧拙は経営のパフォーマンスに大きな影響を与える
 3.会議の効果性を高める会議のルール

6 自らを律して部下の成長支援に力を貸す
 1.率先垂範の姿勢は崩さない
 2.人材育成ではなく、成長支援の概念で取り組む
 3.人間学を一緒に学び、価値観を共有する

【第2講】「経営の意思決定と会計知識」/講師:金子 智朗 氏
1 会計の種類とそれぞれの目的
 1.会計の種類
  ●外部に報告するための「財務会計」
  ●マネジメントに役立てる「管理会計」
 2.避けて通れないIFRS(国際会計基準)の影響

2 財務諸表の見方・読み方
 1. 財務諸表の基本構造
  ●主要3表の相互連関
  ●貸借対照表(B/S):左右の関係と上下の関係
  ●損益計算書(P/L):段階的利益計算と各利益の意味
  ●キャッシュ・フロー
 2.収益性
  ●「収益性」とは資本利益率である
  ●2つの指標 ROAとROE
  ●ROAを分解する 実在企業の収益性分析 【ケーススタディ】
 3.生産性
  ●生産性とは経営資源の活用度
  ●ポスト資本主義時代の生産性の意義
   実在企業の生産性 【ケーススタディ】

3 意思決定のために会計をどう役立てるか
 1.意思決定に役立たなければ管理会計ではない
  ●比較対象の明確化
   損失額はいくらか 【演習】
  ●管理会計特有の埋没コストと機会コスト
   追加受注するか否かの意思決定 【演習】

 2.管理会計をカタチにする
   強化・撤退すべき部門はどれか 【演習】
  ●変動費と固定費を分ける
  ●固定費を個別と共通に分ける
  ●個別固定費を管理可能性で分ける
  ●共通部門の予算差異を分離する
  ●配賦について考える
  ●利益の源泉は顧客 組織戦略と管理会計【ケーススタディ】

【第3講】「取締役の責任とコンプライアンス・法律知識」/講師:山口 利昭 氏
<第一部 総論>
1 取締役の法的責任を考えるための背景事情
 1.日本再興成長戦略・未来投資としてのガバナンス改革(取締役会改革)
 2.中小会社にも求められるコンプライアンス経営
 3.メインバンク、行政による仲裁機能の低下
   ~「村の長老」不在で法的責任論に光があたる時代

2 取締役の法的地位について
 1.会社法上の権利・義務
 2.誤解されがちな取締役の責任~取締役会の構成員であることに留意
 3.金商法上の責任
 4.コーポレートガバナンス・コードとの関係
 5.改正会社法における取締役会改革

3 取締役のリーガルリスクをどう考えるか
 1.敗訴リスク
 2.提訴リスク
 3.経営判断のプロセスの合理性こそ重要

<第二部 各論>
1 取締役は誰のために仕事をするのか
 1.「善管注意義務」を具体的な事例から理解する
 2.「内部統制の構築」を具体的な事例から理解する
 3.「重過失」と「過失」の違いを理解する

2 ステイクホルダーへの配慮(コンプライアンス経営)
 1.従業員-労務コンプライアンス
 2.消費者、国民-景表法、公益通報者保護法
 3.取引先-独禁法、下請法、不正競争防止法
 4.株主、投資家-会計不正、情報管理(インサイダー規制)
 5.地域-環境法、海外不正問題

3 取締役の権利・義務と「共助の精神」
 1.監査役(監査役会)との関係
 2.代表取締役との関係
 3.会計監査人との関係
 4.幹部社員、執行役員との関係
 5.他の取締役との関係

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 107,910 98,100 9,810
SMBC経営懇話会会員 123,750 112,500 11,250
会員以外のお客様 142,560 129,600 12,960

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから