SMBCコンサルティング

事例で学ぶコンプライアンスの考え方【午後】

東京
定額制専用

※このセミナーの募集は終了いたしました。

日時と会場

参加者料金を確認する
2016年09月23日(金) 14:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします

昼食

2016年09月23日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

所属・役職を問わず、法律知識のない方からご参加いただけます

講師

アサミ経営法律事務所  弁護士  浅見 隆行 氏
浅見 隆行 氏

略歴:1997年早稲田大学法学部卒業。1998年司法試験合格。2000年弁護士登録。中島経営法律事務所入社。2005年同事務所パートナー就任を経て、2009年アサミ経営法律事務所開設。企業危機管理・リスクマネジメントを中心に、会社法・株主総会・情報セキュリティ(企業秘密・個人情報)・危機管理広報など企業法務全般に取り組んでいる。


概要(狙い)

・コンプライアンスがなぜ重要なのか、どう行動すべきかを学びます
・コンプライアンスの本質と必須知識、業務における留意点を解説します

プログラム

1.コンプライアンスとは何か
 1)コンプライアンスの意味
 2)コンプライアンスの考え方
   ●株主の要求、要望に応える
   ●消費者・取引先の要求、要望に応える
   ●地域社会の要求、要望に応える
   ●従業員の要求、要望に応える
 3)コンプライアンスを意識すると会社は元気になる

2.どのようなことがコンプライアンス違反になるのか
  ~身近な事例と関連する法律知識~
  ※事例は最新課題に変更する場合があります
 1)取引先が反社会的勢力と関係があった
 2)自宅で仕事をするため機密情報を持ち出した
 3)未公開情報があるからと株の購入を勧められた
 4)顧客から提供サービスのクレームがあった
 5)社内の情報共有のため新聞記事や雑誌をコピーしている
 6)最近ちょっとしたことで「セクハラ」と言われる
 7)その他

3.コンプライアンス違反が発生、発覚したら
 1)初めの対応が重要
 2)コンプライアンス違反かどうか悩ましい場合

4.コンプライアンス違反を発生させないためには
 1)勝手な解釈でルールを変えない
 2)ミスや不正をした結果どうなるかを考える
 3)事実を認め、隠さない
 4)失敗の原因を認識し、次に活かす
 5)小さなミスや不正を見逃さない

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 14,040 13,000 1,040
SMBC経営懇話会会員 16,200 15,000 1,200
会員以外のお客様 18,360 17,000 1,360

※定額制クラブ(東京)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから