SMBCコンサルティング

決算書を初めて見る方を対象にわかりやすく解説!
<初心者対象>

決算書の読みこなし方【前編】

簡単な分析手法も交えて解説するので、企業の財務体質がイメージできて、実務でもすぐに役立ちます

大阪
定額制専用

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年03月01日(水) 10:00~ 13:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※電卓をご用意下さい

昼食

2017年03月01日(水) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

決算書を初めて見る方、
決算書の読み方について学びたい方

講師

岡田フィナンシャルコンサルティング合同会社 岡田税理士事務所 代表・税理士 岡田 能竜 氏
岡田 能竜 氏

略歴: 専門学校での簿記・会計の指導経験と、事業会社での経理実務経験、経営コンサルティング会社にて事業再生、事業承継に多数関わった経験を活かし、実務家目線で、ポイントを絞った研修を行うことで評価が高い。

 研修実績として、近畿経済産業局、各商工会連合会、商工会、商工会議所、中小企業での研修など豊富。


概要(狙い)

 本セミナーは、決算書を初めて見る方を対象に、決算書を見るだけでその企業の財務体質をイメージして頂けることを目的とします。
 また、簡単な分析手法を交えつつ解説することで、実務ですぐに知識を活用していただくことができます。
 業務上必要となる取引先の選別や自社の財務内容の分析、またご自身のスキルアップを目指される方のファーストステップとしてご活用ください。

※簿記の知識がなくてもわかる!

※電卓をご用意下さい。

プログラム

前編
1.決算書とは
1)決算書の目的
  -決算書は数字の羅列ではなく、分析ツールそのもの
2)決算書の種類
3)決算書のルール

2.貸借対照表の目的と見方
1)貸借対照表とは
  -これが最重要!すべての道は貸借対照表に通ずる。
2)借方、貸方、各区分の意味
3)表示科目の配列と意味
4)簡単な分析手法-演習
5)ケーススタディ

3.損益計算書の目的と見方
1)損益計算書とは
2)各区分の意味
3)表示科目の意味
4)簡単な分析手法-演習
5)ケーススタディ

4.キャッシュフロー計算書の目的と見方
1)キャッシュフロー計算書とは
2)各区分の意味
3)ケーススタディ
4)簡易キャッシュフローの考え方

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 14,040 13,000 1,040
SMBC経営懇話会会員 16,200 15,000 1,200
会員以外のお客様 18,360 17,000 1,360

※定額制クラブ(関西)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから