SMBCコンサルティング

コーチングを使って自ら動く部下を育て、成果を出す組織を作る。

部下・スタッフをもつ人のためのコーチング実践セミナー【全3講】

基本スキル「聴く、認める、フィードバック、質問する」を実践を通じて学ぶ

大阪
定額制専用

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 コーチングとは何か【聴く、認める】
講師: 小林 芳子(こばやし よしこ)氏
2017年09月05日(火) 10:00~ 13:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第2講 部下の変化を引き出す【フィードバック、質問する】
講師: 小林 芳子(こばやし よしこ)氏
2017年10月13日(金) 10:00~ 13:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第3講 まとめ【総合演習】
講師: 小林 芳子(こばやし よしこ)氏
2017年11月07日(火) 10:00~ 13:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします

昼食

2017年09月05日(火) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)
2017年10月13日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)
2017年11月07日(火) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

1)部下・スタッフをおもちの方(役職は問いません)
2)全3回受講できる方

講師

株式会社 Y’sディスカヴァー 代表取締役 エグゼクティブコーチ 兼 人材開発コンサルタント 小林 芳子(こばやし よしこ)氏
小林 芳子(こばやし よしこ)氏

略歴:大阪体育大学体育学部体育学科卒業。財団法人生涯学習開発財団認定コーチ、CDA認定キャリア開発アドバイザー、産業カウンセラー。
ダイセル化学工業(現㈱ダイセル)入社後、人事部門において、人事制度、人事情報システム、人材開発プログラム等、企画立案からオペレーション設計に従事。2000年12月同社退職。その後、コーチングと出会い2002年に独立。
7500時間以上の経営者・経営幹部とのエグゼクティブコーチングの実績を持つ。一部上場企業から中小企業のトップを顧客に持ち、組織の課題に対して、人材開発の視点からアプローチする研修とコーチングを組み合わせたプロジェクト運営を数多く手掛けている。経営者や経営幹部へのエグゼクティブコーチングを中心とした、個人と組織両方の「やる気」「自発性」と「成長」を、「継続的」に引き出すことを得意としている。


概要(狙い)

コーチングは部下の能力を引き出し、自律的に動ける部下を育成することが目的で、部下をもつ人なら誰もがもっておきたいスキルです。コーチングを行うのに向き不向きは無く、スキルは誰もが習得できるものです。ただ、独学や本を読むだけでは身につけるのが難しいのも事実です。
そこで本セミナーでは部下をおもちで「人を育成する力を伸ばしたい」「人の能力を最大限に引き出したい」「部下育成に自信をもちたい」方を対象に、まず、コーチングの前提として必要になる「相手に共感した上で承認し、関心をもつコーチングマインド」を理解していただきます。その後、コーチングのスキル(聞く・認める、フィードバック・質問する)を具体的な仕事場面を想定した演習を通じて身につけます。
「コーチをする」「コーチングを受ける」「コーチングを学ぶ」を繰り返す全3回の本セミナーを受講して部下の力を引き出し、組織の力を最大限に伸ばしてください。
ご参加をお待ちしております。

プログラム

【第1講】2017年9月5日(火)
「コーチングとは何か【聴く、認める】」

1.変化の時代のコーチングの重要性
1)これまで以上のスピード時代だからこそ、必要なコーチング
2)関係性の質を上げることが、成果につながる! プロセスの重要性

2.コーチングとは何か?<講義>
1)経営・現場で使える「コーチングの定義」とは?
2)コミュニケーションの基盤=3大スキルとコーチングを機能させる構造を理解する

3.コーチングのデモンストレーション<デモンストレーション>
1)プロが見せるコーチングを体験学習する
2)通常のディスカッションとコーチングの違いを理解する

4.コーチングスキル1 信頼と自律性の基盤<講義と演習>
1)「アクティブリスニング」
  (1)すべての基本である「聴く」-真の聴き方は相手の内発的動機付けを促進する
  (2)「聴かれる体験」から聴くことの重要性を体感する
2)「認める」
  (1)できるリーダーは相手を認める達人-達人の視点を実践
  (2)「認める」とは、行動の源泉
  (3)「聴く+認める」は自発性の強力なエンジンである

5.次回までに現場でコーチングを実践しよう!
1)今日の学びの統合セッション
2)次回までの現場実践テーマの決定


【第2講】2017年10月13日(金)
「部下の変化を引き出す【フィードバック、質問する】」

1.リフレクションコーチング<講義と演習>
1)前回決めた行動の振り返り
2)今日のゴールの決定

2コーチングスキル2 変化と行動を引き出す<講義と演習>
1)「フィードバック」
  (1)対話の中でのフィードバックを体験する
  (2)フィードバックの神髄-より良い行動を引き出す原動力である
  (3)フィードバックの3大ポイントと相手に届くコツ
2)「効果的な質問」
  (1)質問が与える影響力とは? 「効果的な質問」とは?
  (2)ケーススタディ「効果的な質問を作り出す」

3.コーチングを活用した人材開発の事例講義
1)マネジメントを激変させ、メンタル不全ゼロになった事例
2)部下とのかかわりが変わり、組織風土を変えた事例

4.次回までに現場でコーチングを実践しよう!
1)今日の学びの統合セッション
2)次回までの現場実践テーマの決定


【第3講】2017年11月7日(火)
「まとめ【総合演習】」

1.リフレクションコーチング<演習>
1)前回決めた行動の振り返り
2)今日のゴールの決定

2.コーチングの質問のモデルを理解する<講義と演習>
1)質問の流れ=「型」でコーチングする
2)各項目の狙いと順番について

3.コーチング総合演習-コーチングの戦略と設計<演習>
1)コーチングのテーマ設定「課題と問題」
2)相手を観察し、コーチングの戦略を立てる

4.コーチングの活用が、組織と個人の変化のアジリティを高める
1)コーチングの現場活用で、リーダーの能力開発も同時に行われる
2)コーチングには、完成形はない。常に経験を重ね、探求し続けよう

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 44,280 41,000 3,280
SMBC経営懇話会会員 52,920 49,000 3,920
会員以外のお客様 58,320 54,000 4,320


各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから