SMBCコンサルティング

営業部門の働き方改革をどう推進するか?

営業部門における「働き方改革」の進め方【午前】

~働き方改革の全体像から営業部門における具体的な進め方のヒントまでを解説~

東京
定額制専用

満員御礼!!募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年02月02日(金) 10:00~ 13:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2018年02月02日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

・営業部門の管理職
・営業・マーケティングの担当者
・働き方改革推進部門の担当者

講師

株式会社 リアルコネクト  代表取締役 中小企業診断士 経営管理修士(MBA)  小倉 正嗣 氏
小倉 正嗣 氏

略歴:兵庫県生まれ。国立大学を卒業後、大手建材商社を経て、デルコンピュータに入社する。トップセールスとして数々の賞を受賞した後、営業マネ-ジャーとしてダイレクトモデル経営に深く傾倒。その後、アスクルに新規事業開発のプロジェクトリーダーとして参画する。複数の新規事業を主にマーケティング・ビジネスモデル策定においてリードし、その実績は新聞・雑誌に多く取り上げられる。2013年に経営コンサルタントとして独立。企業の営業改革に対しての徹底的なコンサルティングを行っており、社長の営業面での困り事の解決にこだわる現場主義の手法には高い信頼がある。一方で公開セミナー、企業研修の講師も積極的に行っており、自ら数字を作り続けてきたからわかる「現場の泥臭さ」に「ビジネス理論」を融合して、いかに面白くわかりやすく伝えるかを徹底的に追求し、人気を博している。


概要(狙い)

働き方改革が叫ばれている昨今において、労働時間短縮の波は営業部門にも及んできています。外出することが前提である営業部門においては、帰社後の残業により事務仕事の時間が捻出されてきましたが、働き方改革の時代にはこの前提が大きく覆され、営業部門と言えども定時に帰る働き方を求められるようになりました。
本セミナーでは、日本的労働慣行の問題点を掲げ、合理的かつ効率的な働き方にシフトさせるためのポイントを事例を交えて分かりやすく解説します。

効果 到達目標

◎働き方改革の現状と行政の見解を正確に把握できる
◎効率的な経営を行っている企業における営業部門の効率化のあり方を学び、自社に活用できる

プログラム

1.働き方改革の全体像を捉える
 1)政府の考える働き方改革の全体像
 2)各社の取り組みの事例を紐解く
 3)働き方改革へのネックを考えてみよう

2.営業部門の特性と管理職の役割
 1)営業の働き方改革はハードルが高い?
 2)売上とコストのどちらを優先するべきか?
 3)営業部門の管理職あるある話
 4)営業部門のムダを洗い出してみる
 5)営業部門のムダの傾向

3.営業部門の働き方改革へのヒントと方向性
 1)営業部門の考え方を変える
 2)究極は準備と対面営業時間を最大化すること
 3)営業部門の効率化の為の3つの方向性と3つのテクニック
 4)量と質と効率の議論
 5)AIに出来ない営業部門のあるべき姿を作ろう!

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 16,200 15,000 1,200
SMBC経営懇話会会員 19,440 18,000 1,440
会員以外のお客様 21,600 20,000 1,600

※定額制クラブ(東京)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
  6名様以上参加された場合は、上記「受講料(1名様につき)」にて、ご請求させていただきます。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから