SMBCコンサルティング

発生しているコストの計算方法は?

原価計算の基礎知識と活用法【後編】

原価計算が理解できると、経営判断が正確にでき、コスト感覚も身につく!

大阪
定額制専用

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年06月22日(金) 14:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2018年06月22日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

新任の原価計算、生産管理担当者・経理担当者・経営企画担当者の方

講師

ジャパン・マネジメント・コンサルティング株式会社
取締役 公認会計士・税理士 玉置 求己 氏
玉置 求己 氏

略歴:1996年早稲田大学政治経済学部卒業後、大手監査法人勤務を経て2004年にコンサルティング会社立ち上げに参加。
現在は上場企業または上場を目指す企業等のための原価計算を含む会計、開示体制の構築、支援のほか、企業組織再編支援、税務顧問等、会計、税務関連の業務に幅広く従事している。
2007年より関西学院大学経営戦略研究科において教壇にも立ち、原価計算関連科目の講義を担当し、また実務者向けにも原価計算その他の会計、税務関連をテーマにしたセミナーも開催している。


概要(狙い)

会社が製品やサービスを社会に提供することを維持し、発展していくためには利益を確保することが不可欠です。原価計算は自社で発生しているコストをもれなく集計して製品やサービス提供にかかっているコストを把握することであり、この結果をその後の経営上の判断に生かしていくための情報を提供するのが管理会計です。
本セミナーではそのような原価計算と管理会計の最も基本的なエッセンスを取り上げ、発生しているコストの計算方法から製品への集計方法まで、そして計算結果をどのようにして経営上の判断に生かしていくかの諸手法についてご紹介していきます。
原価計算と管理会計の基礎を一から学びたい方はもちろんのこと、これから自社の原価計算や管理会計の仕組みを構築していきたい方、現在運用されている自社の原価計算方法や管理会計の方法を理解するための手がかりを得たい方、または見直したい方の第一歩として、当セミナーをご受講していただくことをお勧めします。

プログラム

◆後編は、前編を受けた後に受講してください。
 後編は前編を受講していることを前提にセミナーを進行します。

後編
1.コスト監視の手法(標準原価計算)
  ・原価標準の設定
  ・標準原価と原価実績の比較、分析
  ・標準原価計算と決算書への反映

2.売上、利益とコスト
 (損益分岐点分析と損益計画の作成)
  ・経営管理のための原価の分類<1>(変動費と固定費)
  ・損益分岐点と目標利益達成点

3.活動結果の評価とコスト
 (部門別損益計算書の作成)
  ・経営管理のための原価の分類<2>(管理可能費と管理不能費)
  ・部門長の成績と部門の採算性
  ・強化すべき部門と撤退すべき部門

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 14,040 13,000 1,040
SMBC経営懇話会会員 16,200 15,000 1,200
会員以外のお客様 18,360 17,000 1,360

※定額制クラブ(大阪)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
  6名様以上参加された場合は、上記「受講料(1名様につき)」にて、ご請求させていただきます。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから