SMBCコンサルティング

中堅・若手社員に必要なコンプライアンスの基礎知識【午前】

東京
定額制専用

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年01月18日(金) 10:00~ 13:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2019年01月18日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

中堅社員・若手社員

講師

株式会社 インプレッション・ラーニング  コンサルタント  鈴木 瑞穂 氏
鈴木 瑞穂 氏

略歴:アーサーアンダーセン、アンダーセンコンサルティング、リシュモンジャパン株式会社等の外資系企業の総務・法務部で契約書作成・レビューを中心とする企業法務業務に従事。その後、KPMGあずさビジネススクール株式会社で研修講師を務め、現在は株式会社
インプレッション・ラーニングにおいてコンプライアンス、企業法務を中心とする講師を務める。

著書:「やさしくわかるコンプライアンス~茶髪は違反ですか?」(日本実業出版社) 「現場で役立つ!ハンコ・契約書・印紙のトリセツ」(日本経済新聞出版社) 「現場で役立立つ!セクハラ・パワハラと言わせない部下指導グレーゾーンのさばき方」(日本経済新聞出版社)


概要(狙い)

・会社員として最低限必要なコンプライアンスの基礎知識を習得します
・身近な事例を通じて、具体的にどのようなことに気をつけるべきかを理解します

プログラム

1.コンプライアンスとは何か?
 1)コンプライアンスという言葉の生い立ち
 2)コンプライアンスという言葉の2つの意味
 3)ビジネスにとってのコンプライアンスの必要性
 4)求められる行動パターン
 5)コンプライアンス・センサーの重要性

2.情報管理におけるコンプライアンス・センサー
 【個人情報に関するケーススタディ】
 ●職場環境には、さまざまな種類の「情報」があふれ、「情報」を発信・共有する媒体も、より簡単で手軽に利用できるようになっています。
  このような環境では、「情報」の取扱いが重要なコンプライアンス・リスクになります。
  このパートでは、個人情報の取扱いを題材にして情報におけるコンプライアンスの留意点を具体的に解説します。
 ●ケーススタディのポイント
  ・個人情報保護法問題
  ・SNS問題
  ・機密保持義務について

3.まとめ・質疑応答

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 16,200 15,000 1,200
SMBC経営懇話会会員 19,440 18,000 1,440
会員以外のお客様 21,600 20,000 1,600

※定額制クラブ(東京)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
  6名様以上参加された場合は、上記「受講料(1名様につき)」にて、ご請求させていただきます。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから