• SMBC
  • SMBCグループ

営業リーダー 数字とロジックで考える営業マネジメント【午前】

東京
定額制専用

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年10月16日(水) 10:00~ 13:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2019年10月16日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

チームの営業力を強化し、数字を達成することを命題としている営業マネージャー、マネージャー候補の方

講師

株式会社 リアルコネクト  代表取締役 中小企業診断士 経営管理修士(MBA)  小倉 正嗣 氏
小倉 正嗣 氏

主な得意分野:法人営業・B2Bマーケティング・新規事業開発

略歴:国立大学を卒業後、サンゲツ、デルコンピュータ、アスクルなどにおいて、法人営業・マーケティング・新規事業開発のリーダーを歴任し、数々の成果を残す。2013年に営業・マーケティングコンサルタントとして独立。法人営業改革・新規事業開発等のコンサルティングのほか、公開セミナー講師や大手企業向けの研修講師としても活躍中。
「現場の泥臭さ」に「ビジネス理論」を融合し、徹底して面白くわかりやすく伝えることにこだわった講義は高い人気を配している。


概要(狙い)

・営業リーダーの仕事は、チームの数字を達成させることです
・リーダーが向き合うべき「マーケットの情報」「企業の情報」「自社内・チーム内の情報」の3種類の情報を、数字と論理に基づくフレームで管理する方法を考えます

プログラム

1.営業の「量」×「質」の理論
 1)リーダーに必要なのは「量」の確保と「質」の担保
 2)「量」を確保するためにはプロセスを管理する
 3)分母のスタートはマーケットサイズ
 4)もう一つの重要な項目「効率-アポ前に顧客を育てる」

2.マーケットと向き合う
 1)マーケットへの最初のアプローチはリスト化
 2)マーケットの構造を理解する
   自社はどのエリアの、何業の、どの購買予算で動いているのか?
 3)マーケットの規模感を推定する
 4)CPM(顧客の購買マトリックス)を作る

3.顧客企業と向き合う
 1)まずは顧客を探す
 2)顧客と向き合うためには「顧客の顧客と向き合う」
 3)顧客の数字や予算を知る
 4)ホワイトスペースと競合企業を明確にする
 5)マーケット攻略の作戦を考える
 6)企業購買のプロセスを見える化する

4.自社を知り、マネジメントする
 1)数量×単価の理論
 2)商品の特性(ライフサイクル)を明確にする
 3)自社の商品の費用対効果とポートフォリオ
 4)行動のマネジメント【ブレイクダウンストラテジー】
 5)行動の網羅性(何割の会社にアプローチしているのか?)
 6)最適なコミュニケーション効率を定義する【時間と頻度】
 7)パイプラインを追いかける
 8)MEDDICで進捗を確認し、確変(確度変更)タイミングを図る

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 16,500 15,000 1,500
SMBC経営懇話会会員 19,800 18,000 1,800
会員以外のお客様 22,000 20,000 2,000

※定額制クラブ(東京)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
  6名様以上参加された場合は、上記「受講料(1名様につき)」にて、ご請求させていただきます。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから