• SMBC
  • SMBCグループ

簿記から経理税務実務へのステップアップセミナー!固定資産の取得から除売却まで!

1日でよくわかる固定資産の基本

企業経営に大きく影響を与える固定資産を抽出し、「取得から除売却」の実務を学びます

大阪
定額制専用

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年11月19日(木) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします
※電卓をご用意ください

昼食

2020年11月19日(木) 昼食はご用意いたしません

対象者

・簿記の仕訳ができる方で、これから経理・税務の実務の仕事を始める方
・簿記の仕訳ができる方で、固定資産の会計と税務を再確認・ステップアップしたい方

講師

井村公認会計士・税理士・社会保険労務士事務所 所長 公認会計士・税理士 井村 登 氏
井村 登 氏

主な得意分野:会計・税務全般(会計、税、社会保険のワンストップサービスの提供)
略歴:1951年神戸市出身。73年同志社大学商学部卒業後、76年税理士登録開業、83年公認会計士第3次試験合格同年登録開業。平成17年度公認会計士第3次試験試験委員、大阪地方(高等)裁判所専門委員、平成20年~27年度関西学院大学専門職大学院教授、平成25~28年度公認会計士試験試験委員、配偶者の井村特定社会保険労務士と会計・税務・労務の共同事務所運営。また、両者他で税務・労務ハンドブック(清文社)の毎年度版その他を執筆している。


概要(狙い)

簿記の仕訳ができる方が経理実務を始める場合、簿記の仕訳ができる方が経理実務でステップアップを図る場合、固定資産はメーカーだけでなく全法人で非常に重要な科目で、またその固定資産には多種多様な税務的扱いがあり、「簿記」に「税務」をかぶせなければ固定資産経理実務はこなせません。本セミナーでは、(1)取得価額(2)少額(の)減価償却特例等(3)資本的支出と修繕費(4)耐用年数、償却計算、即時償却、税額控除(5)圧縮記帳(6)除売却及び繰延資産等を中心に具体的仕訳例及び小テストを通じて分かり易く解説いたします。更に、最後に簡単な確認テストで本日の理解を確実なものにする予定です。この1日セミナーは、非常に重要な科目である固定資産について「簿記」から「税務」をかぶせた経理実務への入口を勉強されて次のステップへと進む研修に最適です。

※電卓をご用意ください

効果 到達目標

・簿記の知識を経理実務につなげることができるようになる
・固定資産の多種多様な税務的取扱いを理解し、固定資産の経理実務にふれることができる
・企業における固定資産の位置づけを会計・税務の面から理解する

プログラム

●固定資産と棚卸資産・固定資産の種類・固定資産の取得価額
●少額(の)減価償却資産・3年均等償却・高額と低額取得
●資本的支出と修繕費・減価償却・法定耐用年数と中古資産
●無形固定資産と償却・償却方法の選定・リース期間定額法
●特別償却と税額控除・圧縮記帳の意味と限度額
●固定資産の除却・繰延資産・少額の繰延資産

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 27,500 25,000 2,500
SMBC経営懇話会会員 30,800 28,000 2,800
会員以外のお客様 35,200 32,000 3,200

※定額制クラブ(大阪)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
  6名様以上参加された場合は、上記「受講料(1名様につき)」にて、ご請求させていただきます。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから