• SMBC
  • SMBCグループ

【新企画】最近ニュースでよく取り上げられる下請法の規制に対応できていますか?

これだけは知っておきたい下請法の実務と最新動向

優越的地位の濫用および下請法に関する対象や禁止行為、罰則について解説します!

大阪
定額制専用

満員御礼!!募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
2024年05月24日(金) 10:00~ 13:00

中之島セントラルタワー17階(弊社ホール)
大阪市北区中之島2-2-7

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2024年05月24日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

総務、法務、監査、購買担当の方

講師

梅田総合法律事務所 パートナー弁護士 今田 晋一 氏
今田 晋一 氏

主な取扱分野:一般民事、企業法務全般、知的財産権、独占禁止法、下請法に関する紛争や相談等
略歴:京都大学法学部卒業、2000年司法試験合格、2002年司法修習終了(修習55期)後、現事務所に入所、2010年にパートナー就任。企業法務を中心に法律相談や訴訟に携わる。
著書等:「不当なしわ寄せを防止!押さえておくべき『優越的地位の濫用』とは」(月刊「企業実務」(2023年9月号)、株式会社 日本実業出版社)、「下請法の運用強化」(SMBCマネジメントプラス2018年4月号)、「下請取引をめぐる法律知識と実務対応」(SMBC経営懇話会実務シリーズNO.145)等多数。



概要(狙い)

近年、公正取引委員会による優越的地位の濫用および下請法の執行がますます厳しくなっています。
 優越的地位の濫用は、従来型のバイイングパワー濫用行為やメーカーによる販売店への濫用行為の摘発に加え、スタートアップやフリーランスとの取引、プラットフォーム事業にも適用が想定されるなど、公正取引委員会が幅広く執行する姿勢を鮮明にしています。
 下請法も、当局による指導件数は年々うなぎ上りであり、コロナの影響下における中小事業者の取引環境の悪化等に鑑み、買いたたき等に関する規制強化がなされています。
 そこで本セミナーでは、優越的地位の濫用や下請け法の規制のポイント・最新動向に加えて、調査への対応・コンプライアンス上の注意点につき詳しく解説いたします。社内体制に問題がないか検討していただくためにもぜひご参加ください。

※2024年度は本開催のみ。ぜひご参加ください!

効果 到達目標

・優越的地位濫用規制、下請法で規制される行為について理解ができる
・法令、ガイドライン、過去の事例に照らして留意すべき規制のポイントがわかる
・調査対応とコンプライアンス上のポイントが理解できる

プログラム

※プログラムにつきましては、一部変更になる場合がございます。

1.はじめに
(優越的地位の濫用および下請法の概要)

2.優越的地位の濫用
 1)規制の趣旨、規制内容
 2)濫用行為の類型と判断基準
 3)濫用行為の具体例
 4)最新事例

3.下請法の概要と最新事例について
 1)優越的地位の濫用規制との違い
 2)適用対象取引および当事者
 3)親事業者の義務、禁止事項
 4)違反行為の類型と判断基準
 5)最新事例(減額、買いたたきなど)

4.調査対応とコンプライアンス上のポイント
 1)書面調査・立入調査の実情と対応
 2)コンプライアンス上の注意点

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 20,900 19,000 1,900
SMBC経営懇話会会員 24,200 22,000 2,200
会員以外のお客様 27,500 25,000 2,500

※定額制クラブ(大阪)会員の場合は1社5名様まで無料となります。
  6名様以上参加された場合は、上記「受講料(1名様につき)」にて、ご請求させていただきます。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから