SMBCコンサルティング

今後の教育体系構築のポイントと階層別研修のあり方とは

【セミナー研修】
教育体系の構築と階層別研修の実施ポイント

~研修カリキュラム構成・教育手法・実務への反映の仕方を具体的事例に基づき解説~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年09月12日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2018年09月12日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

人事・人材開発担当者、各現場の管理職・教育担当者等
   自社の人材が成長しないと悩んでいる経営者

講師

セレクションアンドバリエーション株式会社  代表取締役  平康 慶浩 (ひらやす よしひろ) 氏
平康 慶浩 (ひらやす よしひろ) 氏

略歴:早稲田大学大学院ファイナンスMBA。外資系コンサルティングファーム、銀行系シンクタンクを経て独立。
「わかりやすい人事評価制度」「使いこなせる人事評価制度」を目指し、中堅・中小企業から大企業まで数多くの人事評価制度を構築している。マネジメント力を引き上げる考課者研修、リーダーシップを高める管理職研修も数多く実施。一般社団法人高度人材養成機構、人事コンサルタント協会理事。労働市場やキャリア構築のあり方について日々、雑誌やブログなどで情報発信している。

著書:「7日で作る新・人事考課CD-ROM付」(明日香出版社)など

日経スタイル:「プロが明かす出世のカラクリ」日経スタイル連載にて隔週連載


概要(狙い)

 現在の企業における教育課題は3つに区分できます。第一に、早期人材育成。新人や中途採用社員の早期戦力化は常に最重要課題と言えます。第二に、マネジメント教育。管理職から経営層に至る、組織としての成果創出が期待される層の教育です。そして第三に「もったいない人材」の再教育です。かつて活躍できていたけれども、時代の変化に対応できていない人材をどう活用するか。
 当セミナーではこれらの課題を解消するために、2010年以降の行動科学の成果を反映した教育の考え方をまず提示します。その上で、特に階層別教育を行う際のカリキュラム構成や教育手法、実務への反映などを、具体的事例に基づき学んでいただきます。グループディスカッションも交えながら、理論を自社に落とし込む具体策を入手していただけるようになります。

効果 到達目標

◎人材開発・研修担当者に期待されている役割と責任を確認します
◎教育体系構築の基本と階層別研修を実施する上での留意点をおさえ、自社の研修計画に役立てます
◎研修・教育という会社の将来に影響を与える重要な仕事に誇りをもてるようになります
◎各企業の研修担当者同士で社外ネットワークを構築します

プログラム

1.人は本当に育つのか  
  1)「できない部下」は本当に変わるのか 
  2)「頭の固いおじさん」も変わることができるのか 
  3)仕事7割、関係2割、座学1割の基本形
 
2.先進企業はどうやって教育しているのか 
  1)先進企業における人材教育の現状 
  2)教育は人材マネジメントの一部 
  3)知識、意欲、行動への科学的アプローチ
 
3.教育体系構築の基本 
  1)教育の基本は変化タイミングにあわせる 
  2)解きほぐし、気づかせ、自律させる 
  3)社長から落とし込むべきこと
 
4.イマドキ教育の基本 
  1)大原則はアクションラーニング 
  2)eラーニングの適切な活用 
  3)PBL(プロジェクトベースドラーニング)による実践 

【階層別研修の設計】
5.新人研修の設計 
  1)内定時点から準備すべき事柄 
  2)マナー、社内ルール、社会人の基本という3点セット 
  3)配属後1年目までに押さえるべきポイント
 
6.管理職手前までの研修設計 
  1)愛社精神をはぐくむべき段階 
  2)要員プールか効率的作業者か 
  3)スキル、知識教育はOJTとセットに
 
7.中途退職、中途入社との付き合い方 
  1)裏切り者か卒業か 
  2)外様か仲間か 
  3)労働市場との付き合い方の整理
 
8.新任管理職研修の設計 
  1)プレイングマネジャーとしての教育と割り切る 
  2)業績向上のためのマネジメント教育 
  3)人材育成のための評価者教育
 
9.経営幹部候補研修の設計 
  1)部長候補からが真のマネジメント教育 
  2)プロジェクトベースの教育 
  3)チャレンジと安定とのバランス
 
10.新任役員研修 
  1)「経営者」教育の本質は雇用の理解 
  2)投資とリスクの関係理解を徹底する 
  3)意思決定経験をどう与えるか
 
11.専門職教育 
  1)スキル、知識を体系化する 
  2)スキル、知識の更新の組み込み 
  3)育成者としての活用
 
12.「もったいない人材」としての高齢層教育 
  1)変化をいつ気づかせられるか 
  2)出口戦略とセットでの教育 
  3)「もったいない人材」になるまえに打つべき手段 

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから