SMBCコンサルティング

総務・経理・営業部門担当者のための

【セミナー研修】
日常業務で役に立つ法律の基礎知識

~文書・証憑・印鑑等の取扱いの注意点、想定されるトラブルへの対応方法~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年11月20日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2018年11月20日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

総務、経理、営業部門等担当者
(所属・役職を問わず、法律知識のない方からご参加いただけます)

講師

アサミ経営法律事務所  弁護士  浅見 隆行 氏
浅見 隆行 氏

略歴:1997年早稲田大学法学部卒業。1998年司法試験合格。2000年弁護士登録。中島経営法律事務所入社。2005年同事務所パートナー就任を経て、2009年アサミ経営法律事務所開設。企業危機管理・リスクマネジメントを中心に、会社法・株主総会・情報セキュリティ(企業秘密・個人情報)・危機管理広報など企業法務全般に取り組んでいる。


概要(狙い)

 企業不祥事や製品事故などが相次ぎ、社会はますます企業に厳しい目を持つようになり、関連する法制も厳格化され続けております。もはや、あらゆる企業にとって、法律やリスクマネジメントへのしっかりとした対応は必至であり、すべての従業員にも徹底されなければなりません。
 本セミナーでは、日常業務で押さえておきたい法律知識を習得し、業務において、どう考え行動しなければならないかを解説します。とくに、総務・経理・営業部門担当者、また、 所属や役職を問わず、法律知識の全くない方からご参加をおすすめします。

効果 到達目標

◎業務に必要な法律を幅広く理解し、実務に役立てることができる
◎法律の本質・重要性を理解し、業務において正しい行動ができる

プログラム

1.契約書などでよく出てくる法律用語を身につけよう 
  1)「条」・「項」・「号」 
  2)「及び」「並びに」、「又は」「若しくは」 
  3)「善意」「悪意」 
  4)「故意」「過失」 

2.取引で使う様々な文書や、署名・印鑑の法律知識 
  1)請求書、領収書、注文書などの留意点 
  2)署名・印鑑の基礎知識 
    ●署名 
    ●記名 
    ●捺印・押印 
    ●実印 
    ●印鑑証明書 
    ●電子署名 
  3)取締役や部長の肩書きの署名があっても注意すべき場合 

3.契約事務に必要な法律知識 
  1)契約の種類 
    ●契約書、合意書、覚書など 
    ●約款 
    ●公正証書 
  2)契約には何を定めてもよいのか 
  3)契約書を作成しないと契約は成立しないのか 
  4)契約書に印紙を貼らないとどうなるか 
  5)契約への押印のパターン 
    ●契印・割印 
    ●訂正印 
    ●捨印を押してもいい場合・ダメな場合 
  6)契約の内容を証明するためには 
  7)手形・小切手の仕組み 

4.契約の成立と効果の基礎知識 
  1)「債権」と「債務」とは 
  2)納期に納めたものを受け取り拒否されたらどうなるか 
  3)契約どおりに債務を履行しなかったらどうなるか 
    ●債務不履行と損害賠償責任 
    ●契約解除 
  4)納品する前に自然災害で在庫が消滅したらどうなるか 
  5)契約外の第三者から損害を負わされたらどうなるか 
    ●不法行為と損害賠償責任 
    ●使用者責任 
  6)保証人になる、担保を設定するとは、どういうことか 
    ●保証債務、連帯保証債務 
    ●抵当権、譲渡担保(所有権留保) 

5.債権回収の基礎知識 
  1)債権回収にはどのような方法があるか 
  2)内容証明郵便による督促 
  3)その他の債権回収の方法 
  4)取引先の信用状態が悪化したとの知らせへの対応 

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから