SMBCコンサルティング

次世代IT技術(RPA・AI)によって経理・財務部門の業務と人材はどう変わるか

【セミナー研修】
次世代IT技術を用いた経理・財務業務

~圧倒的な業務効率化の進め方「オモテ」と「ウラ」~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年11月13日(火) 13:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2018年11月13日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

経理・財務部門、業務管理部門、情報システム部門

講師

JBAグループ  CEO 公認会計士  脇 一郎 氏
脇 一郎 氏

略歴:中央監査法人国際部(Coopers & Lybrand)にて主に外資系企業の会計監査を担当。その後NASDAQ上場企業を経て、外資系ソフトウェア会社代表取締役に就任。2006年ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社(JBAグループ)に参画。米国SOX/J-SOXコンサルティング、IFRS対応コンサルティング、経営管理体制構築支援などを担当。2016年JBAグループCEO就任。日本公認会計士協会組織内ネットワーク協議会研修企画専門委員長、早稲田大学会計大学院非常勤講師、IFRSコンソーシアム主任研究員。


概要(狙い)

近年、経理財務業務においても最新の次世代IT技術であるAI、クラウド、フィンテックなどが急速に進化し浸透し始めています。慢性的な人手不足を補うためにも、最新の次世代IT技術を用いて業務効率化を図りたいと考えている企業も多いかと思います。その業務効率化による効果が50%以上という驚異的な数字もある中、「オモテ」次世代IT技術に囲まれた経理財務業務はどのようにあるべきなのか、「ウラ」その替わり人は何をすればいいのか、この「オモテ」と「ウラ」が噛み合って初めて業務効率化が成功します。ツールだけを導入しても、そのツールにヒトがついていけなかったり、また現行実務を担当している現場の不安感を煽るだけになってしまいます。その結果として、ツールは入れたが、期待したほど効率化できない、またそもそもツールの導入自体進まず、結果がでないといったことになってしまいます。
当セミナーは、「オモテ」業務効率化の進め方と「ウラ」ヒトは何をすればよいのか、という「オモテ」と「ウラ」のポイントを実務目線で解説します。

効果 到達目標

◎IT技術の発達による経理財務実務を取り巻く環境の変化を理解する
◎IT技術による経理・財務業務効率化のためのプロセス構築手法を理解する
◎これからの経理・財務部門に求められるスキルと心構えを理解する

プログラム

1.いま何が起こっているのか
  1)最新IT技術(AI、RPA、フィンテック、クラウド、など)がもたらすもの
  2)経理財務実務を取り巻く環境の変化
  3)最新IT技術導入のポイントと留意点

2.「オモテ」 最新IT技術を使った業務プロセス構築
  1)基本的な考え方と留意点
  2)業務プロセス別構築例
    ●経費精算
    ●売上・売掛金管理
    ●銀行取引連携
    ●決算業務
    ●予算・事業計画策定
  3)導入と運用のポイント
  4)RPA導入への期待と実際

3.「ウラ」 ヒトは何をすべきか
  1)経理財務部門に期待されていること
  2)最新IT技術を操るためのスキルと心構え
  3)経理財務人材がこれから将来すべきこと

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 22,680 21,000 1,680
SMBC経営懇話会会員 27,000 25,000 2,000
会員以外のお客様 30,240 28,000 2,240

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから